背中ニキビの治し方|背中のブツブツを綺麗に消す方法

症状1

「ニキビがあって背中が開いた服は着れない」

症状2

「背中ニキビが汚くて水着になれない」

症状4

「彼に背中のブツブツを見られたくない」

露出が多い時期になると困るのが背中ニキビです。
背中ニキビはそのまま放っておいてもなかなか治りにくい症状です。

ですが、しっかりと原因に対して正しいアプローチをすればキレイに治すことが可能です。

このページでは背中ニキビの原因と治し方をまとめています。

背中ニキビを治す方法|背中のブツブツを消すには

背中ニキビを治す

その1、背中を清潔に保つ!ボディソープの洗い残しに注意!

背中ニキビの原因のひとつにカビ菌の増殖があります。
背中ニキビの菌は、マラセチア菌というカビの一種で皮脂をエサに増殖します。
顔のニキビの原因は「アクネ菌」ですので、種類が異なります。
汗をかきやすい時期には、頻繁にシャワーを浴びてマラセチア菌が繁殖しやすい状態にしないことが大切です。

そして石鹸やボディソープは専用のものや肌に優しいものを使用するようにし、しっかり泡立てて優しく泡で洗うようにしましょう。

またシャンプーやボディソープの洗い残しがないように背中はしっかりシャワーをあてることも意識しましょう。

肌着や寝具のシーツなどを清潔に保つようにすること、素材が肌に優しいものにすることも効果的です。
シーツ

その2、食生活、運動不足、睡眠不足の改善

【食事はバランス良くビタミンを多くとる!】
食事は、肉や揚げ物を減らし、野菜や魚がメインの和食が肌にも健康にも良い食事です。
それに加えてマルチビタミン、ミネラルのサプリメントを摂るのも効果的です。
和食

【運動を日頃の習慣にする!】
ウォーキングやジョギング水泳、ヨガなどの有酸素運動を日課にすることで日頃から血液循環が良くなり肌の健康状態も良くなります。

ただし、運動後はシャワーを浴びたり汗拭きシートでしっかり拭くなどを清潔を保つことが肝心です。

運動

【質の良い睡眠で肌を再生させる!】
肌は睡眠中にダメージを回復させたり、成長ホルモンの分泌が活発になります。

成長ホルモンは肌のハリや皮下組織の水分量をキープしたり、肌のターンオーバーにとって重要です。

睡眠不足は当然肌の健康にとって天敵ですが、ただ睡眠時間を確保すれば良いというのではなく質の良い睡眠をとることを心がけましょう。
質の良い睡眠のためには寝室の環境を整えてあげることが大切です。

就寝の3時間前には食事を終わらせたり、1時間前にはお風呂に入ること。ゆっくりストレッチをすること。寝る前にはPCやスマホは見ないことなどを心がけましょう。

そして、寝具や寝る時の衣類、寝室のカーテンや香りの環境を自分がリラックスできるものに揃えることは質の良い睡眠に重要です。

質の良い睡眠

その3、背中ニキビ専用クリームやジェルをつける

背中の皮膚は顔などに比べて分厚いため、表面の保湿だけでは足りません。

背中ニキビ専用のクリームやジェルは高い浸透力と保湿性に優れているので内側の角質層までしっかりと届き保湿が続きます。
毎日つけることで早めに背中ニキビを治すことができます。

お風呂上がりなど背中を清潔にした状態で塗るようにしましょう。

背中用ニキビジェル
背中ニキビ用クリーム
 背中ニキビ用化粧水月刊ランキングはこちら

その4、皮膚科で治療をする

背中ニキビの症状が酷い場合には早めに皮膚科に行くようにしましょう。
保険が適応される治療法は、内服薬(抗生剤、ビタミンB2、B6、C)や塗り薬(レチノイド処方)です。

保険がきかない治療法はレーザー治療ピーリング、ホルモン治療などがあります。

ニキビの治療ができるクリニックの検索はこちら

青山通り皮フ科はこちら

皮膚科で治療

 絶対してはいけないこと!!

背中ニキビがあるときには絶対にやってはいけないのが次のようなことです。
・背中ニキビをつぶしてはいけません。跡が残りますし、傷からバイ菌が入り治るどころか悪化したり炎症してしまいます。
・汗の放置や不潔な状態は背中ニキビ悪化の原因になります。
・顔のニキビ用の薬を塗っても意味はありません。悪化することもありますのでやめましょう。

背中ニキビの原因はこの5つ

背中ニキビができる原因は次の5つがあります。
1、カビ菌の繁殖
2、ホルモンバランスの乱れ
3、シャンプー・ボディーソープの洗い残し
4、ストレス
5、偏った食事やアルコール

原因その1、カビ菌の繁殖

マラセチア菌

背中ニキビの原因のひとつにカビ菌の増殖があります。
それは、マラセチア菌というカビの一種で皮脂をエサに増殖します。

菌というと怖いイメージですが、これはどんな人の肌にでもいる常在菌と呼ばれるもので特殊な菌でありません。

顔のニキビの原因は「アクネ菌」ですので、種類が異なります。

マラセチア菌は皮膚のトラブルや刺激によりその量が増えることでブツブツが発症します。

もともと背中は皮脂腺がたくさんあり、皮脂の分泌量が多いために炎症を起こしやすくブツブツのニキビが発生しやすい場所です。

マラセチア菌は皮脂を好む性質があります。
そのため、お風呂に入らず肌を清潔にしていなかったり、高温多湿で汗をかいた後そのままにしておいたりすると増加しやすくなります。

マラセチア菌の増殖を防ぐにはまず背中の清潔を保つことが必要です。

2、ホルモンバランスの乱れ

ホルモンだランスの乱れ

生理前に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は皮脂の分泌を活発にするため背中ニキビができやすくなります。

また、不規則な生活や睡眠不足はホルモンバランスが乱れやすくなります。
ホルモンバランスが乱れると自律神経が正常に働かなくなります。

自律神経が正常に働かなくなると血管が収縮して血の巡りが悪くなります。そして皮脂を過剰に分泌することになるため顔のニキビや背中ニキビができやすくなります。

3、シャンプー・ボディーソープの洗い残し

洗い残し

シャンプーやボディーソープがしっかり洗い残せていないとそれが毛穴につまり皮脂が過剰に出るようになります。

そして背中ニキビができます。
とくに髪の長い女性は背中に髪がつきやすいので注意しましょう。

4、ストレス

ストレス
ストレスがたまると肌が荒れたりニキビができやすくなります。
人は強いストレスを受けると脳の視床下部はストレスホルモンの分泌を命令して交感神経を働かせます。

そして循環器やリンパの巡りも悪くなり肌に十分な栄養や酸素を送ることができなくなり肌荒れやニキビ、背中ニキビの原因になります。

5、偏った食事やアルコール

ジャンクフード

コンビニ弁当、スナック菓子は味が濃く添加物やよくない油がたくさん含まれていて皮脂を作り出す原因になります。

また、アルコールの取りすぎは内臓に負担をかけ皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーが乱れる原因です。

背中ニキビの悩みについて女性の意見まとめ

背中のぶつぶつ
背中にも化粧水つけたほうがいいよ!
シャンプーやコンディショナーの残りには気をつけたほうがいい。あと頭を先に洗おう!
時間があるなら皮膚科へ行ったほうがいい。
ピルを飲んだら治った!というかツルツルになった。ホルモンバランスだと思う。
オーガニックコットン系の下着にしたらよくなったよ。
ゴシゴシ洗いは悪化するからやめたほうがいい。背中専用の保湿ジェルは効果的だった。
髪のコンディショナーが背中についてそれが毛穴に入るとブツブツになるから、背中はしっかり洗い流すといい。
背中ニキビは顔のニキビと菌の種類が違うから背中ニキビ用のクリームとか薬じゃないと悪化することがある。(ニキビはアクネ菌、背中ニキビはマセラチア菌)
わたしはオロナイン塗ってたら1ヶ月で治ったよ。
保湿は超大事!
ブツブツが気になって触って確認したくなるけど、雑菌や手の脂がついて悪化するから触らないで。
いろいろ自分で試してダメならさっさと皮膚科へgo!
ストレスとかホルモンバランスの影響でも背中が荒れる。
シャンプーとかコンディショナーの付着が原因の人が多いみたいだから、徹底的に背中を洗い流してみて。
下着とか寝具を清潔にしたらよくなった。
生活が荒れると肌も荒れる。食事・睡眠・運動・セックス・ストレス発散で肌もツルツル!
お菓子とか揚げ物とかやめたらよくなった。
半身浴で汗かいてしっかり洗い流すことを続けてたらいつの間にか背中もきれいになった。
シルクのパジャマにしたらよくなった。
柔軟剤やめたら治った。
生活の何を変えても治らなかったけどピル飲むようになって治ったから、ホルモンバランスだったんだと思う。
保湿、清潔、健全な生活!これで治らなかった病院行け。
背中ニキビの人はヒートテックやめたほうがいい。
下着は綿100にして布団は頻繁に干すようにしたら治った。
乾燥は絶対だめ!とりあえずしばらく保湿でケアしてみて。
ネットでビタミンCとビタミンB2のサプリがいいと聞いてとるようにしたら治った。
わたしはオイリー肌タイプのですが、ナイロンタオルでしっかりゴシゴシ洗うようにしたら治った。オイリーの人は参考に。
生活環境なのかホルモンバランスなのかは人によるからいろいろと一定期間試したほうがいい。
いろいろ自分で試してダメならさっさと皮膚科へgo!

顔のニキビを早く治す方法

ニキビ治療のよくある質問を見る

背中ニキビの治療法|ロート製薬

顔の赤みを消す方法|肌の赤みを抑える化粧水がある!赤ら顔を治すには