薄毛に悩む男性の育毛対策体験談まとめ|薄毛の僕がいろいろ試してみました

【39歳男性:自作のアロエ育毛剤で効果あり!】
私は39歳の男性で会社員をしています。

髪が薄くなりましたのは35歳の頃からです。

抜け毛が増え、髪全体がボリュームのない細い髪となり、見た目には明らかに薄毛と言う印象を与えていました。

加齢によるものと遺伝によるものだと自覚してはいましたが、まだハゲに早すぎると焦り、すぐに対策を練る事にしました。

最初に実践したのはスカルプシャンプーの使用でした。

とにかく頭皮の汚れが抜け毛の原因になっていると信じ込んでいたので、刺激強めのオイリータイプシャンプーで頭皮の奥底を洗うかのようにガシガシと洗うようにしていました。

今にして思えば本当に愚かな行為で、突然の如く頭皮が荒れ、抜け毛は倍増に近いくらいに増えてしまいました。

素人目からしても、さすがにこれはマズイと感じ、すぐに中断。

今度はきちんと勉強して、自分の頭皮や髪にあったシャンプーや育毛剤を選択する事にしました。

そのおかげで抜け毛は若干減少するまでになりましたが、所詮参考にブレーキを掛けている程度だという事に気付きました。

少しずつ進行して行く薄毛に、もう植毛か薬を飲むしか方法がないかと諦めていた時、友人から耳寄りな情報を得ました。

それはアロエ育毛剤。アロエには育毛だけでなく発毛効果もあるとの事で、友人は育毛剤を使うようになってから発毛効果を得られるようになったと話していました。

友人は以前、かなりのうすげだったのですが確かに髪全体にボリュームが復活しているように見えました。

購入方法を詳しく聞いてみると、それは何と自作で費用は1000円程度との事。

作り方を教えて貰い、私も早速試してみる事にしました。

作り方は本当に簡単で、鉢植えのアロエの皮の部分を乾燥させ、それをホワイトリカーに漬けるという物。

アロエの果肉ではなく、緑の皮の部分に発毛成分が含まれているとの事でした。

「本当にこんなんで髪が生えるのか?」と半信半疑でしたが、実際に使用してみると効果てきめん。

あれだけごっそりと抜けていた髪が半分以下になり、髪全体が根元から立ち上がるほど元気になって行きました。

また長く使い続けていると、生え際や頭頂部の不毛地帯からも産毛が見られるようになりました。

アロエの驚異的な力に驚きで、現在も1日2回、必ず育毛剤を頭全体に振りかけています。

費用が安いので気兼ねなく使用出来ているのも効果的なのかなと感じています。

目指すは20代の頃のサラサラヘア。これからもアロエ育毛剤を使用して行きたいと考えています。
【42歳男性:薄毛に悩んでいる自分を反省し前向きに考えるようにした経験】
歳とともに薄毛が進行し、頭皮全体の地肌がかなり目立つようになりました。

薄い部分を別の髪で隠していたのですが、常にその状態が気になって、人といるときは常に薄毛が目立たないかとビクビクしてしまう心理状態に陥りました。

自分が薄毛になってからわかったことは、他人の薄毛を躊躇なく指摘したり、もっとひどい場合はからかいの材料にしたりする人がいるという現実です。

もちろんそんな人はごく一部ですが、それでもその一部の人の発言が気になって、ますます薄毛を悩みのタネにしてしまう状況でした。

いつも戸惑っていたのは、自分が何の原因で薄毛になっているのかわからなかったことです。

今になってみると、私の薄毛は体質的なAGA(男性型脱毛症)ということを理解しました。

しかしその当時は薄毛に対する知識があまりなく、次第に薄くなっていく頭髪状態にただ焦っているだけでした。

市販の育毛剤を色々と使っていました。

効果を感じることができず、短期間で使用を中止したものもあります。

最も長く使ったのは、大正製薬のリアップです。

リアップは使用してから産毛が目立つようになって効果を感じました。

頭頂部も以前より濃くなりました。

しかし、薄毛状態がかなり進行していたこともあったのか、劇的な形で変わるまでには至りませんでした。

結局、飽き性な性格もあって1年未満の使用で中止してしまいました。

育毛をしても思うような結果が出ないとますます焦りが生じ、精神的に気持ちが晴れない状況が続きました。

また、相変わらず周囲の人にからかわれることもあり辛かったのですが、ある時薄毛の自分でもいいと思うように考え方を変えるようにしました。

格好悪いと自分で勝手に思い込んでいただけで、それが自分を苦しめていたことに気づきました。

大して気にしないようにすると、あまり薄毛を指摘されることもなくなり、気分が楽になりました。

また、髭を生やすなど、色々な工夫もしてみました。

髭は自分には合いませんでしたが、ファッション的な部分を意識するようになりました。

今までの自分はそういったところがなかったため、逆に新鮮な感じがして楽しくなった経験があります。

薄毛が格好悪いというのは自分の勝手な思い込みで、実際はそんなことはありません。

すっきりと短く刈り込んでしまえば、清潔感も出て明るくなったと言われるようになりました。

また、筋トレも始めて体もがっしりして自信も出るようになりました。

もし薄毛をからかうような人がいても、その人が間違っているわけですから気にしたら負けです。

それよりも自分の一部として受け入れていく方が前向きになれて、精神的にとても良いと思います。

もちろん、育毛をしたい人はそのまま継続して行っていいのですが、どうせするなら暗い気持ちからではなく、前向きな気持ちで取り組んだ方がいいです。

また別の視点から薄毛を隠すのではなく、今の自分に合う髪型や服装などを考えていけば前向きになる一つのきっかけにもなると思います。

【26歳男性:薄毛になったら坊主がおすすめ】
20歳という若さで、薄毛が進行してきました。

どこがというわけではないのですが、全体的に毛量が減少しどんなにポジティブに捉えたとしても薄毛です。

抜け毛の多い季節だからとか、偏った食生活だから髪質が悪くなってるとか、そういった言い訳が通用しないほどに薄毛が進行してしまったのです。

薄毛になってから何が嫌かって、美容室に髪の毛を切りに行くのがすっごい億劫になるんです。

高校生の頃から髪型にはかなり気を使っていて常に最先端の髪型を取り入れていました。

町の中心にある、超オシャレな美容室でカットだけでウン千円払っていました。

ですが、薄毛になってしまえばオシャレもへったくれもありません。

どんなにテクニックのある美容師さんでも、髪の毛が無ければオシャレな髪型に仕上げることは不可能です。

それを考えるとねえ・・。なんというか、美容師さんに失礼なんじゃないか、なんて考えるようになりまして・・。

それともう一つ、自分の薄くなった頭皮を、いかに美容師さんとはいえ、まざまざと見られるのは・・・。

特に女性の方が担当数ルパート(例えばシャンプーなど)は、本当に堪えます。

異性に自分のコンプレックスをさらけ出すことほど、悲しいことはありません。

とまあ、こういったネガティブな心理が働くようになった結果、徐々に美容室から足が離れていったのでした。

とはいえ、自分で髪の毛を切るとなると相当ハードルが高いです。

そこで、私は、思い切って坊主にしてみることにしました。

これなら、誰がやっても一緒ですし、それに短くしたほうが毛髪や頭皮にとっていい効果が現れそうな気がするんです。

これは、意外と的を得ていまして、坊主にしてから1年ほど経った頃に、試しに伸ばしたところ、かなり薄毛が気にならなくなりました。

さっぱりして割り切れたというか、髪型に気を遣わなくても良くなるので精神衛生上良い効果が得られるんじゃないかなと思っています。

薄毛で悩んでいる人は参考になれば幸いです。


AGAクリニックの口コミ・評判|本当に薄毛が治った!AGA治療の体験談